DTM初心者はまずlogicproを買え! Logicpro紹介

logic pro xおすすめ

どうも、タヌキです。
これからDTM(デスク トップ ミュージック)を始めたいと思っている方の
「使う作曲ソフト(DAWと呼ばれる)はどれにしようかな?」という悩み
logic pro xおすすめ
昔ながらでいうとprotoolsやCUBASE、最近ではstudio oneやableton liveなどが選択肢に上がりますが
どれにするか悩んでいるなら僕はlogic pro xをオススメします!
logic pro xおすすめ
で僕自身はlogic以外のDAW、いわゆるCUBASEやpro toolsなどは使った事が無いんですね。
(logicと似た操作性のGarageBandは稀に使用しています。)
そして使用ソフトがlogic専門であるとはいえ、現状作編曲家ギタリストとして活動出来ています。
そういう男の意見として聞いて下さいませ。

ざっくり良いところ紹介

logic pro xおすすめ
1,操作が割と簡単(基本超アナログ人間の僕でも使えてる)
2.安いのにさらに上位になるソフトが無い(protoolsとprotools ultimateのような上位互換がない)
3.Macに標準で付いている無料DAW GarageBandと似た操作性なのでスムーズに移行できる。
4,割とローコストで物が揃う
5.見た目がカッコいい(カッコいい)
6.使用者が多い為、ネット上やSNSで情報を仕入れやすい
他は文字通りなのでここでは4.6について説明します。

割とローコストで物が揃う

僕が作曲やDTMやるぞ!と思ってDTMを始めた頃の初期投資額ですが
Mac mini中古                                     40000
Logic                                                      22000
nanokey2(MIDIキーボード)         4000
オーディオインターフェース 中古     6000
スピーカー 中古                                     6000
計78000円
こんなもんでした。
※nanokey2は今でも超現役で使用してます!
下手なDAWだとそれだけで78000円なんて余裕で超えますので上記が相当安い事が分かりますね(笑)
普通はDTMの初期投資って150000~200000円って言いますし。
ちなみに他のDAWだとCUBASE PROは57000円、pro toolsは61000円、ableton liveは87000円でした。
Logicは22000円です。
Logicは22000円です。(大事なことなので2回)
素材
これは極端に言えば、nanokeyも買わずDAWもlogicではなくGarageBand(無料)で始めれば52000円まで下がります
さらにMac系PCに標準無料で付いてくるGarageBandとlogicは似たような操作性の兄弟的なDAWなので、まずGarageBandで慣れてから!という選択肢を撮った場合でも楽にLogicに移行出来るわけです。 😁

使用者が多い為、ネット上で情報を仕入れやすい

素材
まさにこのブログのような音楽情報系のブログ運営者は比較的cubaseやLogicの使用者が多いんですよね。
やっぱり他のDAWと比べて安く、入手の敷居が低いからだと思います。
その分、Logicで分からないことがあればネットで検索すれば沢山情報が出てきます。
特に今の時代だからこそsleep freaksをガンガン活用しましょう❗️
DTMのキホン全てをここで学ぶことができます。
昔はsleep freaksも無いし、このレベルでDTMの操作法等を教えてくれるような他サイトも無かったので情報収集が大変でした(涙)
素材
チェックしないと損と言えるサイトなので有効活用しちゃいましょう!
個人で活動している作曲家や演奏者の皆さんのブログやSNS等でも、新たな使い方やテクニックなんかを学べるので積極的に巡回してみましょう!

最後に

dtm
Logicはバンドマンだけではなく、EDMやトランス、ダブステップ等の打ち込みやシンセメインのミュージシャンの使用度も高いんですよね。
本当に値段は安いのにあらゆるジャンルに一線級で対応できる良いDAWだと思います。コスパが狂ってる。
基本バンドサウンドのロックがメインだけど最近流行りのシンセ系も出来るようになりたい!というあなたはドンピシャです!(笑)
いわゆるガチモンのレコーディングスタジオや企業クラスのスタジオでは殆どがpro toolsを使っているので、レコーディングエンジニアになりたい!とかスタジオのエンジニアさんと円滑に制作を進めたい!という高いレベルでの共同作業が必要になってきたらpro tools専門にするか、併用で使うかにしていくのも良さそう。
僕は作曲編曲、一通りのレコーディング、ミックス・マスタリングという曲作りの流れ全てを一人で完結できるのでLogic専門で問題ないです。
ps.
一つだけ絶対に勘違いしてはいけないのは
高いDAWだと音が良くなる、いい曲が作りやすい、いい音質で曲が作れるなんて幻想はありません!
DAWによる違いは単純に「こういう機能がある、無い」「最初からこういう音源が入ってる」というだけの話で高いDAWを使っていても使用者本人の作曲能力や勉強が足りなかったら何の意味もありません。
作曲者の作曲センスが良ければ無料のフリー作曲ソフトでも市販CDクラスのプロレベルの曲は出来るということです。
DAWに高い金を掛ける前に自分のスキルアップに時間とお金を掛けたほうが自分自身が絶対に満足するはずですよ。
ギターレッスン マンツーマン 田貫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です