最強のメタルギター音源 heavier7stringsのお話


 
どうも、タヌキです。
 
今回は2018年に登場し、革命をもたらしたギター音源、heavier7stringsのレビューを行います。
 
heavier 7 string
 
僕自身がガチンコのメタルギタリスト(元)でもあるので、ギタリスト目線でもレビューしていきます!
 

要点

 
・プリセットそのままの音がエゲツない程良い
 
・音の切り方も、右手で止める・左手で止める・グリスダウンで止めるといった、ギタリストの手癖を再現出来る様になっている!
 
・特にジェント系寄りの低音弦リフは生ギター演奏と言っていいレベル
 
・パームミュートの掛け具合、深さが調整可というメタラー大喜びの機能
 
・もちろん弾く弦の指定もできるので、一本弦や二本弦のみのリフも作れる。
 

メタルギタリストも納得

 
まずC98にて頒布予定のこの曲を聴いてみてください。
 
♪Hard magnetic field
 
このギターリフはテキトーにプリセットを読み込んだだけの音で、heavier内のアンプやキャビネット、エフェクターの類は一切調整していません。
 
それでこの音が出るというのは本当にヤバいです。
 
↑テキトーにプリセットの(Rise of fire)を選んだだけ
 
 
 
操作性も数ある音源プラグインと比べると、割と分かりやすい部類だと思いますね。
 
少なくとも先ほどの曲のギターリフは、heavierをlogicXに入れてから30分で出来たくらいです。
 
元々僕はメタル上がりのギタリストなので「こういう音、フレージングがええねん!」という終着点がイメージ出来てるのもあります。
 
しかし、それにつけてもあまり悩んだりせずに操作出来ているのはありがたいですね。
 
アイキャッチ
 
で、ギターソロに関してはあまりに綺麗すぎるというか、ピッチが良すぎるというか・・・。
 
ギタリストが聞いたら少し機械的だなぁと感じてしまいますね。
(打ち込み方次第かもしれませんが)
 
とはいえギタリストだからそう感じるのであって、一般のリスナーにはほぼ分からない程度の違和感です。
 
逆に低音弦のリフ、ジェント寄りのリフはもう完全に生ギターと言ってしまえるレベルです!
 
ジェントの神、ペリフェリーと比べても遜色のない音ですね。
 
 

 
で最後に驚いたのは、パームミュートの掛け具合が調整可能ということ。
 
ギタリスト、特にHR/HMギタリストにとってパームミュート、いわゆるブリッジミュートのコントロールは命と言える部分なんですよ、ホントに。
 
 
 
ドラマーのハイハットの開き具合によってパームミュートの深さを変える。
 
曲の展開によっても変えていく、という感じでギタリストはリアルタイムでパームミュートの掛け具合を変えていくものです。
 
それをheavierでは調節可能ということですごく助かっています。
 
 

最後に

 
本当に「ギター音源もついにここまで来たか」と思います笑
 
特に自分の曲にガッツリとメタルギターリフを入れたい!!という需要にはこれでもかという程応えてくれますよ!
 
P.S
 

↑ファミコン音源 Magical 8bit plugと相性が良いと僕の中で話題に。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です