タッピングを人差し指でやるか中指でやるかで何か違いはあるの?

アイキャッチ

 

 

どうも、タヌキです。

 
今回は新たにタッピングをやってみている初級者さんが疑問に思う(かもしれない)、タッピングを人差し指でやるのと中指でやるのでどう違うのかを紹介します。

意外とタッピングに使う指とか考え方って人によって違うんですよね。

徹底して人差し指のみを使う人だったり、なんなら薬指や小指まで使っちゃう人もいますしね。

 

音に差は出るの?

 

人差し指だから音が硬い、とか中指だから中域がよく出る、というような音質面での差は全くないので安心してください。

人差し指も中指も同じ力でタッピングしたならちゃんと同じ音が出ます。
(音程は同じだけど微妙に音質が違う、みたいな細かい違いとかはありません!)

 

超発展系として、薬指や小指でのタッピングは中々力が入らないので難しいはずです。

 

しかし人差し指や中指と同様の力でタッピングできるようになったなら、タッピングに使用できる指が4本になるわけですから鍛えてみる価値はありますね!

 

じゃあ何で人によって使う指が違うの?

 

なぜ人によってタッピングに使う指が違うのか。

これはズバリその人の好みの問題というだけですね!

 

例えばタッピング(ライトハンド奏法)の創始者エドワード・ヴァン・ヘイレンは基本的に人差し指でタッピングしていますし、僕の好きなキコ・ルーレイロは左手の4本指と右手の4本指を使った8フィンガータッピングという技も使っています。

 

要はあなたが自分の出したい音が出せるならどの指でタッピングしてもいいのです。

 

ただ、どの指を使うにもメリットデメリットも存在します。

それを紹介しましょう。

 

各指のメリット・デメリット

 

 人差し指でのタッピング

  メリット

・正確なタッピングがしやすい。(安定度が高い)

・指板上を動き回るような移動の激しいフレーズにも対応しやすい。

 

  デメリット

・ピックの持ち替えをする一瞬の時間が必要なため、ピッキングのフレーズを弾いてすぐにタッピングに移行するのが難しい。

 

ピック人差し指

 

タッピングを習得する上で1番やりやすいのが人差し指です。
 
全指のなかで1番正確さ、安定度もあり難しいポジション移動のあるフレーズにも対応しやすいので、タッピングを始めて最初の内は人差し指で練習するのがいいですね。

 

ただし、ピックの持ち替えに相当慣れておかないとタッピングフレーズが終わった後すぐにピッキングにもどる事が出来ないですね。

タッピングだけでなくその後のピックの持ち替えの練習までしておくとよりスムーズな演奏ができますよ!

 

ちなみにポール・ギルバートはこのピックの持ち替えがめちゃめちゃ早いです😀
よく見ててもいつ持ち替えたか分からない程なので是非一度見てみる事をオススメします!

 

↑この動画の約30秒くらいから素早く指弾きからピック弾きに切り替えている。
 早すぎ!!

 


  

  中指でのタッピング

  メリット

ピックの持ち替えをせずにタッピングが可能なのでスムーズな演奏が出来る

 

  デメリット

・正確さ、余弦ミュートのしやすさなどは人差し指タッピングより劣っている
 (練習次第で改善できる)

 

中指

僕は基本的に中指タッピング派ですね(笑)

やはりピックの持ち替えが不要なのでスムーズにピッキングとタッピングを切り替えられるのが魅力ですね。

 

ことテクニカルなギターを弾こうと思ったら、ピッキングとタッピングが入り混じるフレーズが弾ける必要が出てくるんですよ。
 
なので僕はそれに対応するために基本は中指タッピングでやってます。

 

ただし人差し指に比べると習得難易度は高いと思います。

特に余弦ミュートをきっちりやるのには苦労するかもしれませんね。
僕もひたすら練習していましたので・・・💦

 

 


  薬指と小指

  メリット

・より独創的なフレーズが生み出せるようになる(かも)

・ほとんどのギタリストは出来ないので、出来るようになったら変態(褒め言葉)ギタリストと呼ばれるようになる。

 

   デメリット

めちゃめちゃ難しい!

 

割とテクニカル寄りなギタリストでもタッピングに使う指って人差し指、中指、よくて薬指までなんですよね。

そんな中あなたが薬指と小指までタッピングで使えるようになったら・・・
間違いなく変態ギタリストの仲間入りですね!(あくまで褒め言葉で

 

当然めちゃくちゃ難しいです。僕も挑戦していた時期がありましたがあまりにも難しかったので薬指タッピングが出来るようになった所で練習やめました💦

 

薬指 小指

 

余談

✴︎この動画では右手指3本を使った変態的タッピングを紹介しています。
         是非挑戦してみてくださいね!

 

ブログ記事でも紹介しています

まとめ

 

まとめとして言えることは、 

弾きやすくて自分の狙った音を出せるならどの指を使ってもいいという事ですね。

最終的に音が良いなら問題無いんです。

 

少し余談をしますと、世の中には人差し指タッピングの時に高速かつクールにピック持ち替えをする所がイカす!という人がいたり、そもそもタッピングフレーズは全て薬指でやってるなんて人もいます。

 

慣れてきたらこういった個性を磨いていくのもいいかもしれませんね!

 


※タッピング奏法についての解説もしてます。↓

慣れてきたらこちらにもトライしてみては?↓

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です