開放弦やポジション移動もある難しいタッピングをやってみよう!

アイキャッチ

 

 

どうも、タヌキです。

今回はタッピングというテクニックを使った少し難易度高めのフレーズを練習してみましょう!

 

タッピングってなんだ?という方は、以前の記事を見てくださいね。

開放弦を混ぜたタッピングをやってみよう!

 

 

それでは早速紹介していきます。

タッピング2-1

🎵開放弦の音も入ったタッピングフレーズ

タッピング2-1

 

タッピングに開放弦の音も絡めることで音程差を大きくした、いかにもタッピングらしいフレーズです。

 

特に難しいのが左手人差し指でのプリングですね。

あまり引っかくようにプリングするのではなく、人差し指全体をプリング方向に引くイメージを持つといいです。

 

このパターンのタッピングもかなり使われているので、是非出来るようになっておきましょう❗️

 

両手のポジション移動があるタッピングをやってみよう!

 

では難易度を上げてみましょう。

タッピング2-2

🎵開放弦絡み+ポジション移動ありの16分&6連符フレーズ

 

タッピング2-2

タッピング2-2.1

 

かなり難しくなりましたね❗️(笑)

 

開放弦も使いつつ、両手のポジション移動が多く入っています。

これは注意点というより、まずはゆっくりから弾き始めて慣れていく事が重要ですね(笑)

 

まずじっくりと指の動きを覚えていって、それからスピードを上げていく‥と地道ですがそうする事で必ず弾けるフレーズなので気長にやっていきましょう!

 

まとめ

 

どうでしたか?

前回の内容と比べるとかなり難易度が上がったと思います。

 

しかしそれも最初の内だけで、タッピングというテクニックにさえ慣れてしまえば意外とカンタンに弾けるし何ならさらにスピードアップする事も可能になるハズですよ!

 

遊び感覚でもいいのでちょくちょくタッピングを練習してみてくださいね!

 


 

タッピングについて、Youtubeでも動画で分かりやすく説明しています。

・タッピングの説明とやり方!【ギター初心者向け】

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です