スウィープはどんな音を弾いているの?〜実践と知識編〜

F-G-Amスウィープについて

前回でいわゆるメタル系のスウィープはほとんどが3和音のコードトーンを弾いているもの(バックのコードがCならド、ミ、ソを弾いている)と説明しました。

今回は実践形式でスウィープフレーズの使い方を覚えていきましょう。

運指の形を覚えちゃおう!

まず細かい話は置いといて、先に練習フレーズを弾いてみましょう。

よくあるコード進行F-G-Am-Amに合わせてスウィープ。

F-G-Amスウィープ1

F-G-Am-Amスウィープ ←TAB通りに弾いてます。

このフレーズはF,G,Amそれぞれのバレーコードのフォームをそのままバラバラに弾いたものに、3弦の音の1オクターブ上の音を1弦に追加しただけです。

タネはカンタンですがこれをハイスピードで行うとカッコイイ音になります!

さらに同じコード進行F-G-Am-Amでもう1つ。

F−G−Amスウィープ2

F-G-Am-Amスウィープ2

これも弾いているポジションは違いますが、考え方は同じで、FではFのコードトーン、GではGのコードトーン、AmではAmのコードトーンを弾いています。

4小節目の1弦13フレットのように、スウィープの最高音を時々変えるとかなりカッコよく聞こえます!

まとめ

今回は以上です。

なんだかんだいって、やはりギターを始めてから最初にコードフォームを覚えたようにスウィープの運指の形も何個か覚えてしまうといいですね。

その上でスウィープで使っている音はバックのコードのコードトーンなんだ!と覚えていけばギタリストとしての階段も大分登れますね!
(もちろん変則的な音使いのスウィープも世の中にはありますが・・w)

たまにこの記事を読んでスウィープについて頭に入れておくといいでしょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です