弾く練習と同じくらい「良い音を作る練習」も大切という話


 
 
どうも、タヌキです。
 
 
 
今回は、特に独学かつ練習熱心な人ほど気をつけておいてほしい内容です。
 
僕自身の体験談でもあるので、皆さんは同じ轍を踏まないでくださいね!
 

練習用のセッティングと本番用のセッティングは違う!

 
 

 
動画でもやらかしを語っていますが、遠い昔僕は速弾きのテクニックを練習する時、BOSSのディストーションだけを使うようにしてたんですよね。
 
しかも当時はヌーノ・ベッテンコートの
 
 
・ジャリジャリした超ハイゲインサウンド
 
・なのに余弦ミュートが完璧
 
・ピッキングする右手も含め、全身めっちゃ動く
 
 
ってところに憧れたもんですから
ディストーションもゲイン・トーン共にマックスで練習してました(笑)
 
 

 
そしてそのままバッチリ練習して初ライブ!
 
ロック
 
演奏のミスとかはさておき、後に撮っておいたビデオで音を聴き返すと…
 
まあしょっぱい音でしたね(汗)
 
 
素材
 
それもこれも練習のためのセッティングと、本番で人に聞かせる音は違う!
ということを理解していなかったのが原因ですね。
 

本番用のセッティングでは聞いてて気持ちがいいかを気にしよう!

 

ズバリ本番用の音とは、楽器を弾いたことがない普通の人が聞いてもカッコいい!
と思わせられる音のことです。
 
ここでいう本番とはライブだけでなくレコーディングや、SNS用の動画等も含みます。
 
 
 
その音作りの為の勉強としてオススメなのが
Youtubeでスタジオミュージシャンの音作りを検索して調べる事です。
 
 
 
良い音の為にどういう機材を使うのか?どういう接続順にするのか?どう考えるべきか?
そういうことを常に考えている人達が公開している音作りの秘訣です!
是非とも参考にしてしまいましょう。
 
 
 
僕のオススメの参考人物は増崎孝司さんです。
僕の場合、一時期この人の音作りを参考にしまくった事が今の音作りにも繋がってますね。
 

僕のセッティング例

 
僕はいわゆる「本番」ではほぼ必ずコンプレッサーをかけます。
音量のバラつきを抑える目的ですね。
(G3解説動画や上述のコンプ動画でも話してます)
 
 

 

そして歪みの後にドンシャリサウンド(中音域カット)に設定したイコライザーを入れます。
 
同じ歪みエフェクトに対して、ソロ用の太い音とバッキング用の音に分ける事ができます。
 
 
 
最後にギターソロ用に、原音の音程からほんの少し上下の音を混ぜるピッチシフターを使います。
 
そうすると音に丁度いい煌びやかさが追加されるんですよね。
 
Axe FxIIを使うときのギターソロには100%このピッチシフターをかけてますね。
 

まとめ

 

アイキャッチ
 
聞いていて気持ちのいい音はぶっつけ本番では到底作ることは出来ません!
 
日頃から演奏の練習だけでなく、音作りの練習も行うように心掛けましょう!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です