オシャレさ抜群!スライド+タッピングフレーズを弾いてみよう

アイキャッチ

 
どうも、タヌキです。
 
今回は高難易度だけどカッコいいタッピングの1つ、メロディアスなスライド入りタッピングを紹介します。

タッピングにスライドを混ぜてみよう

 

早速まずはウォームアップのフレーズを弾いてみましょう。
 
メロディアスタッピング1
↑1弦8フレットは薬指か小指、押さえやすい方で押弦しましょう。
 
 
よく使われるタッピングフレーズにスライドを入れてみました。
 
タッピングをした右手指をそのままスライドさせるわけですね。
 
 
通常のタッピング同様余弦ミュートを怠らないよう、気をつけましょう。
 
それでいて音が途切れないように、しっかりと弦を押さえたままスライドするようにしましょう❗

メロディアスなタッピングをやってみよう!

今度は一気に難易度が上がります❗
 
メロディアスタッピング2
 
 
両手ともに難易度がハネ上がりました😁
 
まずは左手に注目しましょう。
 
 
なかなか見かけないレアなテクニック、左手タッピングを使っています!
 
しっかりと左手人差し指と薬指で発音できるように指板を叩きましょう❗
左手タッピング2
左手人差し指を振り上げて・・
 
左手タッピング1
叩く!
 
この左手タッピング後、右手タッピング&スライドへ切り替えて行きます。
 
 
このフレーズのように、左手タッピングと右手タッピングを組み合わせると演奏の幅が非常に広がります
 
見た目も派手でライブ受けする技なので覚えておくとソンはないですよ!

まとめ

・右手のタッピング&スライド
 
・左手タッピング
 
この2つが使えると、世の中の曲にあるタッピングフレーズで全く弾けないものは無くなりますね。
 
というのもこの2つ、タッピング系テクニックの中でも非常に難易度の高いモノなんですね。
 
逆に言えばこの2つを使えるようになればタッピングの極みも近いという事です❗
 
 
是非今回のフレーズを練習し、上級クラスのタッピングテクニックを習得してみてくださいね。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です