”スライド”力を鍛えよう!〜初心者向け〜

アイキャッチ

 

 

どうも、タヌキです。

今回は、少し難しい”スライド”というテクニックの練習をしてみましょう❗️

 

慣れてしまえばなんてことはないので、
気軽にトライしてくださいね❗️

 

※説明するのはスライドバーを使ういわゆるボトルネック奏法ではありません

 

スライドとは?

 

カンタンに言えばこういうフレーズ

 

スライド1

 

🎵スライドの例

 

 

 

 

このように鳴らした音をそのまま次の音に、滑らかに繋がるように移動することを”スライド”といいます。

スライド移動の能力を鍛えておくと、より指板を幅広く見ることが出来るようになりますよ!

 

弾いてみよう!

 

では早速スライドの入ったフレーズを弾いてみましょう!

 

スライド2

🎵中指でスライド

 

 

 

どうでしょうか?弾けましたかね?

 

弾けなかった方も心配ありません❗️

3つの注意点に気をつけると弾けるようになるはずですよ❗️

 

スライドする時の注意点

 

1つ・スライドする時に音が切れないよう、しっかり弦を押さえたままスライドする

2つ余弦ミュートがおろそかになりやすいので注意❗️

 

スライドフォーム

このようにスライドで鳴らす音以外の音が出ないように人差し指で止めてあげてください!

3つ左手親指がベタッと倒れないように気をつける❗️

 

スライドフォーム

 

こうなってしまうとスライド以外の演奏もかなりやりづらくなります。

 

この3つをしっかり注意するだけでも綺麗なスライドに近づくはずですよ

 

難易度アップ

 

ではさらに指板を広く使ったフレーズを弾いてみましょう!

 

スライド3

🎵広範囲な人差し指スライド

 

 

かなり広範囲のスライドです!

 

落ち着いてスライドを始める前にスライドの着地点を見るようにしましょう❗️

スライドの着地点をしっかり見る→そこに向かってスライドする、というイメージで弾けば出来るようになるはずですよ!

 

まとめ

 

どうでしたか?

指板上を駆け回るようなテクニックなので難しかったのではないかと思います。

 

しかしスライドでの移動に慣れておくと、指板上を高速で駆け回るようなフレーズにも焦ることなく対応できるようになりますよ❗️

また、スライド独特のニュアンスも自由に操れるようになるので良いこと尽くめですね!😃

 

練習の効果は後々、必ず出てくるのでやってみてください!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です