ハードな&クールな”リフ”を弾いてみよう!

アイキャッチ

どうも、タヌキです。

早速ですが皆さんはリフというものを知っていますか?

リフはリフレインの略で、カンタンにいうならその曲のテーマになる繰り返しフレーズだったり(例 smoke on the waterなど)、歌メロの裏で繰り返されるフレーズ(例ポルノグラフィティ ヒトリノ夜 Aメロ)などの事です。

カッコイイリフが弾ける、作れると後々とても便利なので今回でキホンを練習してみましょう!

リフを弾いてみよう!

では早速リフを弾いてみましょうか。

歪みを強めにしてこのフレーズを弾きましょう。

リフ1

🎵曲のメインテーマっぽいリフ

リフ1

どうでしょう。

曲のイントロとかキメの部分でありそうだな、と感じてもらえたと思います。

運指がカンタン、だけど口ずさみやすいメロディのリフ・・こういうわかりやすいリフは親しみを持ちやすいと思いますね。

曲のメインテーマとなるリフは曲の印象に大きく関わってくるので、自分でリフを作る時はテクニカルさとメロディアスさのバランスを考えるようにしましょうね!

メロディの裏でクールに鳴るリフを弾こう!

今度はさっきまでの、いわゆるメインテーマになるタイプのリフではなく、ボーカルの裏で弾くタイプのセンスが問われるリフを弾いてみましょう❗️

🎵リフ無し

この音源にこのようなリフを入れます。

リフ2

🎵メロディ➕リフ

リフ2

G-A-F#m-Bmという特にサビでよく使われるコード進行とメロディに対してリフを入れました。

弾くだけならカンタンかもしれません、がこういったリフを考えて自分の曲に入れるのは中々難しいんですよね。

というのもこういうリフもすごく作り手のセンスが必要なんですよね。

なので今のうちにリフ系フレーズを弾けるようにはなっておきましょう❗️

まとめ

リフがカッコイイ曲は名曲!(かもしれない)です。

名曲をコピーする時でもオリジナルのリフを作る場合でも、色々なタイプのリフが弾けるようになっておくと引き出しの多いギタリストになりますね。

自分なりのリフを弾ける&作れるようになりましょう!

またロック系のリフには、ピッキングハーモニクスを入れると凄くカッコ良くなります。

というわけでぜひピッキングハーモニクスも使えるようになってクールなリフを弾けるようになりましょう!

・ピッキングハーモニクスでカッコイイギタリストに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です