低音域強化の魔法プラグインwaves Renaissance Bassが凄すぎる


 
どうも、タヌキです。
 
今回はWAVESが出しているベースエンハンサーのプラグイン、ルネッサンスベース(Renaissance Bass)のレビューを書きます。
 
エンハンサーということで低音域の聴こえ方を強化することができます。
 

良いところ

 
・ヤバい
 
・ただ単にEQを押し上げるのと違い、元の音が破綻するようなエンハンスにはならない
 
・それでいて恐ろしい程ハッキリ効果が分かる
 
・ヤバい
 
 
 
というわけでヤバいを2つ書いてしまうほどの能力を持つルネッサンスベース。
 
参考音源を用意しました。
 
♫ルネッサンスベースOFF
 
♫ルネッサンスベースON
 
効果はハッキリ分かると思います。
低音域の存在感がバッと出てきますね。
 
それも、ただEQで押し上げただけのようなモワッとした上がり方と違い、ちゃんと音楽的に全体が聞こえる範疇での上がり方ですね。
 
実践の作編曲で即戦力で使えるエンハンスの掛かり方です。
 
 
 
次はバキバキ系の曲のキック(バスドラム)に掛けてみます。
 
♫ルネッサンスベースOFF
 
♫ルネッサンスベースON
 
こちらも効果がわかりやすいと思います。
 
キックということで低音を出した分、トランジェントというアタック感を強調するプラグインと併用することでオイシイ音にしています
 

操作方法

 
こちらがルネッサンスベースの全体図です。
 
 
手動で操作する箇所はfreq, gain ,intensity, 左上の黄色く点灯しているinボタン
の4箇所ですが、実際にはgainとintensityの2つを聴きながらいじるだけで充分仕上がります
 
実際に先ほどの2つのデモは全てgainとintensityをいじっただけです。
 
↑1曲目の設定 gainとintensityのみバランスを調整
 
↑2曲めの設定 こちらもgainとintensityを聴きながらいじっただけ。
 
↑2曲めに使ったLOGIC付属のトランジェント系プラグイン Enveloper
  ルネッサンスベースと併用するのに向いている
 
さらに緻密な音作りをするならgainとintensity以外の残り2つの操作も覚えていいと思います。
 
僕はこのプラグインの即効性に惚れて使用しているので、これ以上追い込んだ使い方を学ぶ必要は無いな、という感じです。
 
今まで何十分何時間とかけて作っていた低音域の存在感がこのプラグイン1つでものの数十秒で終わるのです。最高。
 

最後に

 
ルネッサンスベースをもっと早く導入していれば一体何日分を勉強や各楽器の練習に当てられたか想像もつきません💦
 
今だったら高くても5000円前後で買えるプラグイン。
 
早めに買ってれば5000円で数日分のフリーな時間と優秀なプラグインが手に入ったんや・・涙
 
ある意味このプラグインは時間を有効に活用したいと思っている人向けと言えますね!
 
もちろん単純に低域をガッツある音にしたい人にもオススメです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です