ピッキングいらず!?”レガート”をやってみよう!-Lv2-

アイキャッチ

 
 
 
 
どうも、タヌキです。
 
 
今回は以前紹介したレガートというテクニックを使ったフレーズの難易度アップバージョンをやってみましょう!
 
 
 
かなり難しい部類の技なんでそのつもりで挑戦してみてくださいね!
 
 
 
 

ハンマリング、プリングで滑らかに繋ぐ!

 

 
まずはこのフレーズを弾いてみましょう!
 
 
 
♫ハンマリング、プリングで滑らかにレガート
 
 
1本弦上のハンマリングとプリングで音を滑らかに繋ぐレガートですね。
 
小節の最初の1音目のみをピッキングし、後は全てレガートしていきます。
 
 
 
 
 
ハンマリングはしっかりと弦を叩くプリングは弦を弾くという基礎部分を鍛え上げられます。
 
 
正確に左手の制御が出来ないと弾くのは難しいので頑張って練習しましょう!
 
 
 

スライドを含む1本弦上レガート

 

 

 
今度はこれまたクセのあるフレーズです。
 
 
♫1本弦上でスライド下降するレガート
 
 
人差し指でのスライド下降が混ざったレガートフレーズですね。
 
 
ハンマリング⇨プリング⇨スライド下降の3つを繰り返しているフレーズだ❗️と捉えると分かりやすいと思います😃
 
 
 
 
 
ポジション移動が多いので余弦ミュートがおろそかにならないよう気をつけましょう。             
 
     
 
こういうレガートは特にB’zのギタリスト松本さんが多用している (例 ultra soulやlove phantomなど) ので是非チェックしてみてくださいね❗️
 
 
高速で弾けば弾くほど聞いた時の変態度 が増していくので、可能であればよりスピーディにも弾けるようにしてみましょう!
 
 

最後に

 

 

 
レガートというテクニックは総じて非常に難しいです
 
 
しかしその分、練習すればするほど実力に直結するテクニックであるとも言えます。
 
 
 
まずは自分の弾けそうなテンポから正確に弾ける様になっていきましょう!
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です