ピッキングの角度で音色を変えてみよう!

アイキャッチ

 
 
 
どうも、タヌキです。
 
今回はピッキングするときのピックの角度が変わるとどう音が変わるのか?を紹介します。
 
 
ピックの角度まで意識して弾けると演奏に良い表情がつくので是非自分でも弾いてみてくださいね。
 
普段自分が弾いているフレーズで試してみてください❗
 

そもそもどう音が変わるの?

 
いわゆる「ピックの角度を変える事で音を変える」というのは、
音程を変えているわけではありません
 
 
変化させているのは音の雰囲気、ニュアンスと呼ばれるものです。
(普通の「ド」の音を荒々しい「ド」にしたり鋭い「ド」にする、というイメージ)
 
 
 
♫ピッキングの角度によるニュアンスの変化
 
 

 

↑それぞれクリーンサウンドと強い歪みで引き分けた音源
1、3回目は普通のピッキング、2、4回目の音が角度をつけたピッキング。
 
ピックの角度を含めたピッキングの方法を変える事で、同じ音程でもより曲に合った音を出せる❗という事ですね😃
 

まずは普通のピッキング

 
 
まずは普通のピッキングを
  
普通のピッキングとは弦に対して平行にピックが当たるピッキングの事です。(個人差あり)
 
 
 イメージ図
平行ピッキング
 
 
常にピックが弦に対して斜めに当たるようにピッキングするクセがついているなら、出来る限り平行になるように意識しましょう❗
 
 
基本的には平行ピッキングで、奏法や出したい表情によって適宜ピックの角度を変える、という思考で殆どのギタリストは弾いています。
(この音は激しさを出したいからピックの角度やその他を変えて弾く!など)
 
 
 
まずは基本のピッキングを身に付けてから角度をつけていきましょう❗
 

角度をつけたピッキング

 
ではやや角度をつけてピッキングしてみましょう。
 
斜めピッキング
どうでしょうか。
 
普通のピッキングと比べて、やや雑味がある・荒さがある感じの音になると思います。
 
 
つまりあえて荒々しいカッコ良さを出したいシーンやジャンル(ハードロックやメタル等)では、斜めにピッキングするのは効果バツグンです!
 
 
逆に言うと、激しさを出したいシーン以外では普通の平行ピッキングをした方が無難ですね。
 
流石に常時荒々しい演奏というのは聞き苦しいので・・💦
 
斜めピッキングは空気を読んで使いましょうね❗😁
 

最後に

 
プロギタリストと歴の浅いギタリストだと、同じフレーズを弾いてもカッコ良さがまるで違いますよね。
 
やはりその大きな原因はニュアンスの付け方の技術力の差なんです。
 
 
いわゆる上手い人は、今回話したピックの角度等も含めて音の出し方のこだわりが強いです。
 
そこを意識しているから自分自身で出したい音の雰囲気をコントロール出来るわけです。
 
 
少しずつでも良いのでギター練習の時にトーンやニュアンスを気にしてみてください。
 
中々すぐには効果は出ないかもしれませんが数年後にはバッチリ変化を感じられるハズですよ!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です