2017年6月版!〜タヌキのオススメ曲5選〜

アイキャッチ

 

どうも、タヌキです。

 

今回は2017年6月時点で、僕が何度も聞いているオススメの曲を5つほど紹介してみようと思います。

 

ギタリストとしての引き出しが増えることは間違いないので是非チェックしてくださいね!

 

EXTREME 「GET THE FUNK OUT」

 

まずは洋楽、EXTREMEのGET THE FUNK OUT ですね。

 

まさにハードロックだぜ!というソウルフルなボーカル、ノれるビートを作り出すベースとドラムの絡み、激しく装飾するようなゴリゴリのギターとホーンセクションが融合する、誰が聞いてもテンションが上がる(はず!)の曲ですね!

 

ギター目線で見てもリズミカルかつキレッキレのリフ、激熱いラン奏法、スキッピングとタッピングの混合技というハイテクな技巧も入っています。

 

しかし何といってもこの曲は、難しいフレーズを弾きながらコーラスも歌うシーンがかなり多いんですよ!(特にサビ)

 

真似しようと思ってもこれはかなり難しいですよ💦
これを当然のようにこなすヌーノ・ベッテンコートには驚愕です!

 

 

NONA REEVES  「ガガーリン」

 

日本のグループ、NONA REEVESのガガーリンです。

美しいメロディとボーカル&コーラス宇宙を漂うようなフワフワとした空間少しずつ変わっていく展開、全てが素晴らしい完成度で心に入り込んできます。

 

僕にとっては、聴くだけで涙腺が緩む曲というのはこのガガーリンだけですね。

 

少しずつ変わっていく展開に呼応する心地よいカッティング、深い歪みからの流麗な速弾き、多重ギターのフレージングなどのセンスも素晴らしいです。

カッティングのクールさ、カッコよさを存分に楽しめる曲ですね❗️

 

 

 

THE ORAL CIGARETTES 「DIP-BAP」

 

Mステにも出演し、さらに人気を伸ばしているTHE ORAL CIGARETTES の「DIP-BAP」です。

この曲のアレンジの完成度、洗練具合は中々真似出来るものではありませんね。

 

1回目のAメロと2回目のAメロで、歌メロは全く同じなのに楽器隊の内容は全然違っていたり、そもそも全てのパートがかなりハイレベルな内容のフレーズを弾いているにも関わらず、曲が破綻する気配もまるで無かったりと「曲を刺激的な物にするアレンジ能力」が本当に凄いですね💦

 

さらにライブで盛り上がる要素のお客さんに振るコーラスも入っているなど全く抜け目がありません。

 
作曲をするタイプのギタリストには是非1度聞いてもらいたい良曲ですね❗️

 

 

Steve Vai 「Building the church」

 

世界最高峰のスーパー、いやウルトラギタリストSteve Vaiの「Building the church」です。

僕が現時点で全てのギターインストの中で1番好きな曲ですね(笑)

 

曲が始まっていきなりキーボードソロと思うほどの刺激的な両手タッピング、妖しく響くメロディライン、どっしりと支えるバッキング、ラストのアームをチョップ連打&ワーミーペダルによるメロディ弾きなど、どれをとっても凄すぎるとしか言えないです😀

  

ギターを歌っているかのように弾く変幻自在のニュアンスのつけ方も、この人の独特の物ですね。

  
ライブ演奏も必見で、まるで舞踊を舞うように弾き、且つ表情もギターのニュアンスと連動(いわゆる顔でギターを弾く)しているのです。

 
僕自身動きながら弾くほうが好きなので、このレベルに達せるように練習していきます❗️

 

 

 

Nothing’s Carved In Stone  「(as if it’s) A Warning」

 

日本の実力派バンドNothing’s Carved In Stoneの(as if it’s) A Warningです。

 

Strangers In Heavenという名盤が好きで何度も聞いているのですが、その中でもダントツで素晴らしいと思うのがこの曲ですね。

 

全てのパートがハイレベル且つ自然に混ざり合っているという、先ほど紹介したDIP-BAPに似た凄さを持っています!

 

アイデア的には、民族的なメロディのギターソロラテンテイストの濃いコード進行を使ったCメロイントロからなっているリフを基準に進めていく曲展開というのが衝撃的でしたね💦

この曲も是非自ら作曲をしている方には聞いてみてほしいですね!

 

 

まとめ

 

どうでしょうか。

一括りにギターが上手い、といっても色々なタイプがあるというのが分かったと思います。

色んなタイプの曲を聴いたり弾いたりする事で、感受性が豊かで引き出しの多いギタリストを共に目指しましょう❗️

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です