ブリッジミュートってどんな奏法? 【初心者向け】

アイキャッチ

どうも、タヌキです。

まずはブリッジミュートの音を聞いてみましょう。

ブリッジミュート

このフレーズのズンズンという低音がブリッジミュート奏法の音です。

ロックやパンクには欠かせない重要テクニックなのでしっかり覚えていきましょう!
※練習は強い歪みにして行ってください。その方が効果が分かりやすいです。

右手の使い方

では右手の使い方から

右手手刀部を

右手の位置1

ブリッジ上に

右手の位置2

乗せる!

この状態で弾くと弾いた弦に軽いミュートが掛かって、音がズンズンとしたカッコいい音になります

ブリッジというパーツの上でミュートしながら弾く奏法だからブリッジミュート!というわけですね!

ただ、実際にはブリッジの真上でミュートするのではなく、ほんの少しだけピックアップというパーツの方に右手をズラしてミュートした方がイカした音が出せるので覚えておいてください!(↑の写真のような位置にするとOK)

試しに6弦の開放弦(何も押さえてない状態)で弾いてみましょう。

6弦開放弦ブリッジミュート

この音に近い音が出せるようになったら次のフレーズを弾いてみましょう。

曲に合わせて弾いてみよう!

F-G-Amというコード進行に合わせたパワーコードを、ブリッジミュートで弾いてみましょう。

F-G-Amブリッジミュート

F-G-Amブリッジミュート

お次はレベルアップ。難しいですがロック、パンクでは必須の技です!頑張りましょう!

F-G-Amブリッジミュート2
F-G-Amブリッジミュート2

↑ブリッジミュートせずに弾く所は右手をわずかにギターから離し、またブリッジミュートする時には右手をブリッジにくっつけています。

この切り替えは慣れていかないと本当に大変なので日頃から練習しておきましょう💦

慣れてきたら出来るだけ最小限の動きでブリッジミュートのオンオフを切り替えられるようにしてみましょうね!

まとめ

慣れないと正確にブリッジミュートを行うのはムズかしいと思います。

コツとしては最初の方でも書いた通り、歪みを強めにしておくことですね。

歪みが弱いと上手くブリッジミュート出来ているのに気付けない可能性もあるので💦

ブリッジミュートは練習すれば誰でも出来るようになるので頑張りましょう!
ロックギタリスト感すごく出ますよ!😁


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です