ギターでの左手親指使用のススメ〜手が大きい人向け〜

A7コードフォーム

どうも、タヌキです。

いきなりですが、左手で弦を押さえる指は4本だけではありません!
親指を使うことも出来るのです。

うまく使えばコードを押さえるのが楽になったり、余弦ミュートがカンタンになったりするのです!

というわけで今回は左手親指を使うと楽になる所を2つ紹介します。

コードを押さえるのがラクになる!

例えば

A7コード

 ♫A7コード       ↑かなり難しいコードフォームのA7

こういうコードを押さえる時、普通にすると

A7コードフォーム1

こんな感じになります。これで普通に弾ける人もいますが、手がデカイとかなりキツいです。すんごい窮屈!

しかし親指を使うと!

A7コードフォーム2

親指で6弦を押さえ、残りの3音をDのコードを押さえるような感覚でカンタンに押さえられるのです。めっちゃ楽!

親指を使えるとコードを押さえるのが楽になる事もあるんですね。

余弦ミュートがラクになる! 

もう一つに左手親指で弦に触れるだけにする事で余弦ミュートがラクに出来る事ですね

A7単音カッティング

単音カッティング    ←A7コード上での単音カッティング

右手は常に振っているので余弦ミュートはしていません。
つまり左手の人差し指と親指で余弦ミュートを完成させているんです。

A7単音カッティング2

左手をしっかり使ってミュートを徹底的にする事で、安心して右手を振れるんですね。

親指を使うと余弦ミュートが楽になる場面もあるということです。

※余弦ミュートについては過去の記事で詳しく説明しています!

まとめ

親指で押弦するのは手が大きい人のメリットの1つなので覚えておくと役に立ちますよ❗️
(僕は人と手の大きさを比べて負けたことはほとんどありませんね)

折角のメリットは最大限に活かしていきましょう❗️


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です