新ギター”Kino treebud”を購入しました!

kino

 

どうも、タヌキです。

 

今日はご報告したいことがあります!

久々に新品のギターを購入したのです❗️😀

それがこれ

kino

日本のメーカーKinotreebudです!

kino

 

どんなギター?

 

僕のtreebudのスペックをいうと、ピックアップは

・フロント  ハムバッカー

・センター  シングルコイル

・リア    ハムバッカー

ただしフロントとリアはコイルタップ機能により、シングルコイルにもなる。

 

kino
そして1ボリューム、1トーンでストラト型に近いという、非常に操作しやすくさらに自分の望んでいる音を作りやすいスペックですね。

 

kino

 

”Kino”って?

 

正直僕も今日初めて聞く名前でした💦

実際、あまり世にKinoのギターは多く出回っていないらしく、工房もかなりの少人数で切り盛りしていらっしゃるようです。

 

且つ、かなり最近立ち上げたブランドだそうなので、これは人と被らないな!と思ったのも購入要因の1つでした。

 

しかし、購入を決めた最大の理由は”僕が出したい!と思っている音をクリーンだろうがクランチだろうがゴリゴリの歪みだろうがすぐに出せたから”です!

 

僕はアルペジオ用クリーン、カッティング用クランチ、バッキング用歪み、ソロ用歪み・・などなど、場面によって細かくEQやニュアンスを変えていきたいタイプなんです。

そんなワガママにマーシャルのアンプとKinoだけで期待を遥かに超えて答えてくれる‥それがKinoを選んだ最大の理由ですね。

 

最後に

 

このTreebud、いわゆる定番ブランドと違ってほとんど情報もないギターです。

 

しかし言い換えればどこに向かえばいいのか自分の好きに決められるギターではないか、と考えるとこれからのギターライフがますます楽しくなりそうです!

定番のモデルとかは大体こんな音だろ?っていうのがイメージできちゃいますからね。

いずれしっかり弾き込んだらまたブログにKinoについて続報を書いていこうと思います!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です