ギターを始める時に必要なものを確認しましょう!


 
 
 
どうも、タヌキです。
 
 
今回は、いざギターを始めようと思った時に、何を買えばいいのかよく分からない!という人に向けての内容です。
 
 
 
なんだかんだギターそのもの以外にも必要な機材とか道具ってありますからね!
 
それを紹介すると同時に、ギターを買う時の注意点も話します。
 
 

ざっくりと

 

カンタンにいうと

アコースティックギターは必要な物はとっても少ない
 
エレキギターは必要な物はめっちゃ多い                                            です。
 
 
 
なのでまずはアコースティックギターとエレキギター、自分が弾きたいのはどっちなのかを決めておきましょう。
 
 
 
 ↓これがアコースティックギター(通称アコギ)
 ギタリスト
 
 
 
↓これがエレクトリックギター(通称エレキ)です。
 
 
ギタリスト
 

最低限必要な物

 

 

   アコースティックの場合

・ギター本体

・チューナー

・カポタスト

・弦(本体に張ってあるならOK)

・ピック

 
アコギの場合
ピックにも種類があります。

お好みで選んで良いですが、悩んだら写真中のオレンジ色や黄緑色のピックのようなおにぎり型のピックを買うのがオススメです。

 

   エレキギターの場合

・ギター本体

・チューナー

・弦(本体に張ってあるならOK)

・アンプ

・シールドケーブル

・エフェクター

・ピック

・ギターストラップ

 
エレキの場合
 
アコギに比べ物が多いですね。

1つ1つが不可欠な物なのでエレキを始めるならしっかり揃えるようにしましょう。

  
 
 
 
アコースティックギターなら 弦の張ってあるギターとチューナーさえあればすぐにでも演奏出来るんです。
 
 
しかしエレキギターの場合、最低でもギターとアンプをシールドケーブルで接続する必要があるんですね。
あくまでエレキギターはアンプから音を出す物なので。
 
 
 
買う物がアコギよりもエレキの方が多いので初期費用はエレキの方が高くなる事が多いです。
(よっぽど高品位のアコギを買わなければ)
 
 

注意点

 

素材

 
これはアコースティック、エレキギターどちらともに言えますが、最初のギターはハードオフやヤフオクなどではなく、楽器店で買いましょう
 
正規の楽器店で買ったものならば、ちゃんと良い状態になるように調整されているからです。
 
 
 
 
 
仮にハードオフやヤフオクなどでギターを買う場合、ロクに弾くことすら出来ない状態の中古ギターを買ってしまうリスクもあると理解した上で買いましょう。
 
流石にハードオフの店員さんやヤフオクの出品者にリペアマンは中々居ませんからね。
 
 
 
 
 
また、ギターほど不良品のリスクは高くないですがエフェクターを中古で買おう!という時も注意が必要です!
 
出来れば購入前に店員さんに試奏やチェックをしてもらい、不具合がないかを確認しておきましょう。
 
 

まとめ

 

 
ギターに必要な物と買う時の注意点について書いてきました。
 
 
基本的には自分の好きなギタリストが使っているのと同じギターを買う!とかこのギターにビビッときたぜ!というギターを買うとよりギターが好きになれるはずです。
 
 
とはいえなんとなく分かってもらえたと思いますが、ホントに1番安心感があるのは楽器店で初心者セットを買う事です!
 (初心者セットでゴリゴリの変形ギターはほぼ無いのでそこはご注意を)
 
 
基本的に必要な物は全て揃ってるし、ギターも調整してある(はず!)ので失敗はないです。
 
値段も大体15000〜30000円位なので全然安いです。(いわゆるプロレベルのギタリストはギターだけでウン十万のレベルです笑)
 
 
 
よく分からなかったら迷わず初心者セットを買う!

もしくはギターを弾いてる、ギターの善し悪しが分かる知り合いと一緒に買いに行くようにしましょう!

 
 
ギターを始めてみたいという方はこれでいきましょう!絶対間違いありませんから。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です