FRACTALAUDIOのAxe-FXⅡを5倍楽しく試奏するために知っておきたいこと

アイキャッチ

どうも、タヌキです。
以前の記事で紹介した、今現在メインの機材として使用しているフラクタルオーディオシステムズのAxe-Fx II(以下Axeに略)
買うかどうかは置いといて試奏だけでもいいからしてみたい!というギタリストも多いと思います。
しかし楽器店でAxeを試奏する機会があっても初見で色々と操作して試していくのはかなり難しいです💦
 AxeFx2
AxeFx2
↑ツマミがめっちゃ多い!
というわけでAxeをより深く楽しく試奏する為に知っておくと役立つ操作を紹介します!

VALUEで好きなプリセットを探す!

Axeの魅力の1つに即戦力から超飛び道具まで幅広い383もの数のプリセットサウンドがあります。
AxeFx2
プリセットの変更方法はVALUEのノブを回す事です。
AxeFx2
ちなみに飛び道具系統のプリセットは 130以降に多く入っています。
中々他のエフェクターでは体感出来ないサウンドが多いので是非試してみてください!

LAYOUTでプリセットの中身をチェック

プリセットの内部はLAYOUTのボタンを押す事で見ることが出来ます。
AxeFx2
AxeFx2
↑プリセット内部のエフェクターの設定や接続を確認できます。
VALUEの右にある◁や▷のボタンを押す事でスクロールします。
AxeFx2
AxeFx2
↑最初の画面から右にスクロールした図
何をどうすればこんな音が出るんだ⁉というプリセットの秘密を垣間見る事が出来ますね!
各エフェクトの中身はEDITを押す事で設定をチェック出来ます。
参考にどうぞ。
AxeFx2

RECALLで元の画面に戻そう

実はLAYOUTの画面のままでVALUEのノブを回してもプリセットは変更できないんですよね。
プリセットを変更する為に1度RECALLを押してLAYOUT画面から戻りましょう❗
AxeFx2
AxeFx2
この画面に戻ればVALUEノブでプリセットを変更出来ます。

ボリューム調節はOUTPUT LEVELの1のノブ

特に飛び道具系のプリセットだと音量がバラバラなんですよね。
音量は基本的にOUTPUT LEVELの1のノブで調節できます。
AxeFx2
2のノブは割と特殊な接続で使う物なのであまり操作する事はないです。
1のノブを回しても音が出なかった場合に2を回してみましょう。

まとめ

今回紹介した操作の中でもLAYOUTとRECALLは知っておかないとプリセットの中身を見たり、プリセット変更が出来ないので試奏をしても期待していたような良い音と巡り合えないかもしれません。
逆に言えばこの2つさえ使えればある程度Axeで遊べるので是非覚えておきましょう❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です