小型かつ高機能なオーディオインターフェースのレビュー Roland FA-66

アイキャッチ

 
 
どうも、タヌキです。
 
今回は僕がメインで使用しているオーディオインターフェース、rolandのFA-66の使用感についてお話します。
 
FA-66 ROLAND
背面はこんな感じ
 
FA-66 ROLAND
FA-66 ROLAND

要点

 
操作が割と分かりやすい&便利機能あり
 
・バス電源があるので移動が簡単
 
・必要最低限のイン・アウトなので小型
 
アナログリミッターが便利
 
コスパが良い

割と分かりやすい

 
僕はオーディオインターフェースはめっちゃ拘れる高機能(で高い)な物か、ラフに移動できて操作がカンタン(で安い)な物のどちらかで良いと思っています。
 
このFA-66は後者、移動も楽で操作が分かりやすいオーディオインターフェースですね。
 
では説明していきます。
 

電源ケーブル無しでも稼動可能(バス電源)

 
まずこのFA-66はACアダプタを使用してもしなくても電源が入るんです!
 
FA-66 ROLAND
↑FA-66背面の左上にある電源スイッチを”DC IN”ではなく “BUS”の方に入れることで、ACアダプタからの電源供給無しでも動く!
 
 
詳しい説明は省きますが、PCとFA-66の接続にfirewireケーブル(USBケーブルみたいなもの)を使う事で稼動できるのです。
 
試しに電源ケーブルを使った場合とバス電源を使った場合で音を録り分けてみましたが、音質の差はほとんど感じませんでした。
 
 

必要最低限のイン・アウトなので小型

 
INPUT OUTPUTはそれぞれ6個ずつで、1番使うであろう前面のINPUT1,2はギターを直接繋ぐハイインピーダンスにも対応しています。
 
FA-66 ROLAND
↑前面に2つのINPUT 写真右上のHi-Zスイッチを押すことでハイインピーダンスにも対応する!
 
 
イン、アウトの数を少なくしている代わりに機能を良くし、小型化にも成功している感じですね。
 

超便利機能 アナログリミッター

 
最大の特徴はこのアナログリミッターですね。
 
FA-66 ROLAND
↑写真右上の”LIMITER”スイッチがアナログリミッター
 
このアナログリミッターをオンにすると、本来ならクリップ(音割れ)してしまうような突発的な過大入力をクリップしないレベルまで抑えてくれる(リミッター)んです❗
 
 
これが非常に便利でとりあえずONにしておくだけでクリップノイズの恐怖を気にする必要が無くなるんですね。
 
素材
 
正直これがFA-66最大の目玉かつメリットだと思います😁
 
出来る限りレコーディングでは事故のリスクは減らしたいし、同時に考えないといけない事も減らしたい
 
それを実現してくれるステキな機能です❗
 

まとめ

 
色々と説明しましたが最後に言いたいのは
FA-66のコスパの素晴らしさですね❗
 
中古のFA-66なら探せば10000円以下で買えるのですからいい時代です😄
 
上を見てしまうと10万を超えるのが当たり前の世界ですので、操作がカンタンかつ高機能で移動も楽なオーディオインターフェースも宅録用ならアリだと思います。
 
この記事のように、使い方や要点を確認しながらであれば初心者の方にもお勧めできるモデルですね。
 
 
 
↓参考までにFA-66を使って録った音源です。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です