すぐに弾けるカンタンかつオシャレなコードを弾いてみよう

アイキャッチ

 
 
どうも、タヌキです。
 
 
今回はカンタンに弾けてしかもオシャレな響きがするコードを紹介します!
 
とりあえずギター演奏を人に聞かせる時やお店で試奏する時にサラッと使えるコードなので是非トライしてくださいね😃
 
 
YOUTUBEにもほぼ同じ内容の動画をアップしています。
 
 

カンタン&オシャレなコード進行

 
ではフレーズを紹介します ↓4:35~5:05間のコードです。
 
 
コードネーム的にはCadd9-Bm(♭13)-A7sus4-G となんか難しそう❗ですがご安心を。
 
実際にはC-G-Cという定番のコードを弾くよりも遥かにカンタンに弾けるんです
 
順番に押さえてみます。
 
まずはCadd9
 
おしゃれコードおしゃれコード
次にBm(♭13)
 
おしゃれコード
A7sus4
おしゃれコード
おしゃれコード
最後にGです!
 
おしゃれコードおしゃれコード
 
コードネームといい、左手といいパッと見はすごく難しそうに見えるかもしれません💦
 
 
 
しかし、この4つのコードチェンジを圧倒的にカンタンにするための2つのコツがあるんです!
 
この2つは今回のコードに限らず色んな曲でよく使われているのでしっかり覚えておきましょう!。
 
 
1.薬指と小指は1.2弦の3フレットを押さえたまま固定している
(薬指と小指は動かさなくて良い=楽チン❗)
 
2.コードチェンジの時に動かすのは人差し指と中指のみでOK
 
 
 
これを知っておくだけでこのコード4つのコードがすごく弾きやすくなりますよ!
 
他のC-G-Cのようないわゆるローコードのコードチェンジのように指4本を同時に動かさなくても済むのは非常にありがたいのです(笑)
 
 
 
 
そして、さらに覚えておくと便利な事があります。
 
 
それは今回のフレーズのように、指のどこかを固定したままコードを変えるとオシャレに聞こえやすい!という事ですね(笑)
(今回の場合は薬指、小指を固定し続けています。)
 
 
 
 
このアイディアは意外と色々なポップスやロック、バラードの曲に使われている方法なので是非オリジナルソングを作るときにも使ってみてくださいね。
 

最後に

 

 
コード進行自体が爽やかなので右手側はピッキングでも指弾きでもアルペジオでもクールに聞こえるのはやはり便利ですね!
 
 
あまり深く考えず、頭が空っぽでも勝手に良い音になってくれるのでレパートリーの1つに加えてみてください。

いざという時、ホントに意外と役立ちますよ!(笑)

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です