クリーンギターに使うと美しい音になるエフェクト【ギター初級者向け】

アイキャッチ

 
どうも、タヌキです。
  
今回は色々あるエレキギターのエフェクター、その中でも
 
・音を美しくする
 
・キレイに響かせるエフェクターの種類を紹介していきます❗
 
細かい理論は置いといて(笑)聴いた感じのイメージを覚えておくと、自分でも音を作りやすくなりますよ!
 
 
 ✳︎音は全てZOOMのマルチエフェクターG3で作ったものを用意しました!
 
 

コーラス (chorus)

 
まずはコーラスという種類のエフェクターです!
  
コーラス
 
このエフェクトを使うと音がこう変わります!
 
 
コーラス
 
♫Cのコード弾きにコーラスを掛ける
 
まずはコーラスをONにした音、次にコーラスをOFFにしたギターそのままの音です。
 
音に透明感、クリアさが出た感じがしますよね?
 
 
これがコーラスというエフェクター出せる音色です。
 
主にアルペジオを弾く時に使われていますね。
 

ディレイ (delay) 

今度はディレイと呼ばれるエフェクターです。
 
 
 
ディレイ
  
音を聴いてみましょう。
 
 
ディレイ
 
 
♫Cコードをアルペジオ
 
どうでしょうか。
 
これもまずはディレイONの音、次にディレイをOFFにした音です。
 
ディレイONだと深いというか、音に包み込まれるような感じですよね。

弾いた後、音を伸ばすフレーズなどには相性バツグンでしょう!

またガンガンのギターソロを弾くときに使うのもかっこいいですよ!

ピッチシフター (pitch shifter)

最後はちょっと珍しいピッチシフターですね。
 
 
ピッチシフター
音を聴いてみましょう
 
 
ピッチシフター
 
♫Cコードのアルペジオにピッチシフター
 
どうでしょうか。
 
ピッチシフターONの方は音が煌びやかになっていると思います。
 
 
ピッチシフターには色々な使い方がありますが、その内の1つが音を煌びやかにするという使い方ですね。(ざっくりと言うとですね。)
 
コーラスとはまた違う良さがあるのでどちらの雰囲気も理解しておくと使い分けやすいですね。

同時ONでさらに深く❗

 
また、何台かを同時にONする事でエフェクターの重ね掛けが出来ます。
 
オススメはコーラス&ディレイピッチシフター&ディレイですね。
 
 
それぞれ聴いてもらいましょう。
 
コーラスとディレイ
 
♫コーラス&ディレイ
 
 
ピッチシフターとディレイ
♫ピッチシフター&ディレイ

どちらとも、音の綺麗さに加えてさらに音が広がる雰囲気が足されてますね。

特にコーラス&ディレイはかなり多くの場面で使うことになるので覚えておくと重宝しますよ!

最後に

どうでしたか?

かなりざっくりとでしたがクリーンサウンドのギターで出せる音について紹介しました。

エレキギターでは大体どんな音が出せるのか?をより多く知っておくと、そのまま自分自身の引き出しにもなってきます。

色々な音色やエフェクト音に触れてさらにギターを楽しくしていきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です