コードストロークから大きく前進!コードカッティングしよう!-ギター初心者向け-

アイキャッチ

 
 
  
どうも、タヌキです。
 
 
今回はコードストロークから大きく前進するテク、コードカッティングについて説明していきます。
 
 
特にバンドギタリストになりたい人は必修科目になるので是非覚えていってくださいね❗️
 
 

ストロークとカッティングの違い

 
明確な定義で分けられている訳ではない(笑)ので実際に動画で違いを見てみましょう。
 
 
 
 
 
↑最初がストローク、次がカッティング
 
 
 
違いは一聴瞭然だと思います。
 
 
 
ストロークよりも演奏がリズミカルに聞こえませんか?
 
 
これがいわゆるカッティングという奏法です。
 
 
具体的には左手でちょくちょく音を切ったり(ミュートする)ブラッシング音を加える事で、よりフレーズをリズミカルに聞こえさせるテクニックですね。
 
 
とイメージが掴めた所で今度は両手の使い方を覚えましょう。

 カッティングは左手が命❗️

 

 
まずは左手、弦を押さえる方ですね。
 
 
バレーコードのGを押さえてみましょう。
エレキギターの方がアコギよりは押さえやすいと思います。
 
 
Gコード
 
 
Fコードを押さえて2フレットズラすだけですね。
 
そのままコードストロークするのも良いですが今回はカッティングらしさを出すためにブラッシング音を入れてみましょう。
 
 
 
 
Gのコードフォームを保ったまま左手を少し浮かせてみてください。
 
弦から左手を離すんではなく、触れるだけの状態にします。
 
 
 
 
↑ブラッシング音を鳴らす時は左手の指が少し浮いている。
 
 
 
そのままストロークするとチャキッとかザクッみたいな音がしませんか?
 
これがブラッシング音です❗️
 
 
 
 
このブラッシング音をコードストロークの中に混ぜるとリズミカルなカッティングプレイになるわけですね。
 
 
 
 
次は右手についてお話します。
 

右手は腕の振りをしっかりキープしよう❗️

 
右手はストロークと大きくは変わりませんね。
 
ストローク同様腕の振りをしっかりキープしましょう。
 
 
 
 
強いて言うならば普通にコードストロークする時よりも右手は軽やかに振る事が大切です❗️
 
ザラーンって音を鳴らすよりシャーンって音を出すイメージですね。
 
慣れてきたらこの辺りを意識してみてください。
 
 
 
 
 
では実際にコードカッティングをしてみましょう❗️
 

ブラッシングを効果的に使おう❗️

 
まずは先ほどのバレーコードのGを押さえて、この譜面通りにカッティングしてみましょう。
 
 
譜例1
  
 
基本的なカッティングの練習フレーズですね。
 
コードの音を出す所とブラッシング音を出す所のメリハリがしっかり効いていると聴き心地の良いカッティングになりますよ!
 
 
 
 
 
では少し難しくしてみましょう❗️
 
 
 
 
 
 
 
少しリズムを変えたものですね。
 
まずはゆっくりから体に慣らしていき、自分のものにしていきましょう❗️
 
 

まとめ

 
まとめると
 
 
コード弾きの中にブラッシングを混ぜる事で、よりリズミカルにするのがカッティング
 
カッティングは左手が大切
実音を出す所とブラッシング音を出す所のメリハリをつけよう!
 
 
・右手は出来るだけリラックスし、軽やかに腕を振るイメージを持ちましょう。
 
 
この3点に注意してカッティングの練習をしましょう❗️
 
 
 
 
 
 
最後にカッティングがリズミカルな奏法であるというのが分かりやすい曲も紹介しておきますね。
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です