1ランク上の弾き語り!?コードをもっと綺麗に鳴らすコツ《ギター初心者向け》

アイキャッチ

 

 

どうも、タヌキです。

 

今回はギター弾き語りや、伴奏をする時に役立つコードを綺麗に鳴らすコツをお話しします。

 

ちゃんとコードは押さえられてるのになんか上手い人みたいに綺麗に鳴らないなあ という悩みを持ってる方は参考にしてみてください。

意外とカンタンにイイ音が出せるかもしれませんよ!

 

右腕のリラックスとストロークの狙いが大事!

 

右手(左でピッキングする方は左手)の使い方についてお話しします。

 

よく聞く話であるとは思いますが、右腕をリラックスして力み過ぎずにストロークするのは超大切です!
リラックスが出来てこそ良い演奏ができるものです。

 

分かりやすくC-G-Cのコードストロークで良い例と悪い例を弾いてみました。

 

 

↑最初が悪い例 次が良い例

悪い例は極端すぎますが(笑)まるでタワシで汚れを擦ってるような、パッと見で力んでるのが丸わかりですよね💦

 

対して良い例はほとんど力が入っていないように見えませんか?

強いて言うならピックを持つ為の力を入れているだけですね。
 

 

まずはこの出来る限り力みを無くしたストロークを身につけましょう❗️
今回教えるコツの中で最も効果が高いのはこの右手のリラックスです。

参考動画のような見た目、音に近づくよう頑張ってみてくださいね❗️

 


 

 

また、右手のストロークで低音弦側(4、5、6弦)をしっかり鳴らすよりは、高音弦側(1、2、3弦)をちゃんと鳴るようにストロークした方が、聴いてくれるお客さんには綺麗に聴こえるというのも覚えておきましょう。

 

 

ホントに最初のうちは「全ての弦をしっかり鳴らしなさい」と指導されると思いますがある程度上手くなってきたなら実際に聴こえる音がイイか悪いかで判断した方がいいです。(これはどの奏法にも言えることですね)

 

実際にC-G-Cを弾いた動画の良い例では高音弦側がしっかり聞こえるようにストロークしています

 

低音弦にもピックは当たってるけど高音弦の方が音が大きくなるようにピックを当てる、ということですね。

これは普段より少しストロークの方法を変えるだけで実践できるので試してみてください!

 

ピックは薄めの方が良い!

 

 

これは文字通り厚いピックよりは薄いピックの方が綺麗な音は出しやすいです。

ちなみに僕はアコギでは厚さ0,6mmを、エレキでは0,8mmのピックを使っています。

ピック↑左がアコギ用、右がエレキ用
 厚さだけでなくピックの形も変えています。

 

演奏するスタイルによって使うピックを変えるのはよくある事なので、みなさんも色々なピックを試してみてくださいね!

 

まとめ

 

まとめると

右手は出来る限りリラックス。

どっちかというと高音弦がしっかりなるようにストロークする。

ピックは薄めの方が綺麗、煌びやかな音が出しやすい。(0.6mmくらい)

という内容ですね。

 

 

ただ1つ勘違いしないで欲しいのは力んだピッキングは絶対にダメ!というわけでもないんだよ、という事ですね。

 

力んだピッキングの全てを否定すると、僕の好きな力強くギターを弾きながら感情のままに歌う熱い弾き語りスタイルはダメということになってしまいます。
(当然そんなハズはありません)

今回お話ししたコツを基準にして必要とあらば右腕力みまくりのパワーピッキングが出来ればあなたの弾き語り力、表現力は急上昇するはずですよ!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です