絶対に意識するべき効果的な機材の買い方

アイキャッチ

 
どうも、タヌキです。
 
今回はギタリストやDTMerに向けた、機材の購入についての考え方や意識についてをお話しします。
 
学生というよりは特に社会人やプロを目指す人には絶対に見て意識し、実践してほしい内容になります。
 

要点

 
・本気で気になる機材があるなら迷わず買え!
 
・外出するヒマを練習や曲作りにあてろ!
 
・ギタリストなら本気の一本に絞れ!
 

本気で気になる機材があるなら迷わず買え!

素材
往年の名機から最新鋭のハイテク機材まで、音楽人のあなたであれば気になる物や試奏してみたい物等沢山あるでしょう。
 
その中に「気になる」のレベルではなく「欲しいな」と思うものがあれば、金額が安かろうが高かろうが迷わず買う事をオススメします。
 
その時お金が無ければ分割をしてでも買いましょう。   理由を話します。
 
写真
 
まず僕達音楽人であれば、ほぼ全ての人が正社員やアルバイトとしてお金を稼いでいます。
 
社会人であれば休日出勤や長時間の残業もあるでしょう。
 
そうなるとその空いた時間の中でしか各種練習や活動はできません。
 
それならば欲しい機材はすぐに購入していち早く勉強するべきです。
 
モヤモヤと何ヶ月も迷っている期間をちゃんと実のある学習へ変えましょう
 
その上でそれが求めていたサウンドを出せる機材なら万々歳ですし、もしも違っていたなら性能を把握した上で売ればいいのです。
 
写真
 
基本的に購入を迷う程の金額で買った機材なら、メルカリやヤフオクで売れば少なくとも半値は戻ってきます。
 
仮に五万円で買った人気エフェクターを3万でメルカリに出したら3日と経たずに
売れると思います。
 
買う方からしたらその機材が3万で手に入るチャンスなんて早々無いからです。
 
そしてその売って戻ってきたお金で他の「欲しい」と思った機材を買えばいいのです。
 
 
 
この意識が出来上がると数多くの機材の知識、良いところや欠点を知ることが出来ます。
常人の数倍〜数十倍のスピード、勢いで知識や経験値が溜まっていきます。
 
僕自身、Axe fx IIのセット計55万は一括で、kinoのギター40万円は分割で支払い手元に置いています。
 
しかし、両機材とも「自分の100%の理想の機材」でない事が分かったらすぐにメルカリに飛ばし、ケンパーを購入する予定でした。
 
 

外出するヒマを練習にあてろ!

ギタリスト
ギターの弦やピック、シールド等の消耗品を買う為に、何十分〜何時間もかけて店に買いに行くのは 最悪にムダだと断言します。
 
消耗品の購入に時間をかけるくらいならAmazonで買って家に届けてもらう方が有用に時間を使えます。
 
送料が仮に700円だとしたら「自分で買いに行くまでもなく、たった700円でわざわざ自宅に届けてくれるのか❗️」と思う方に切り替えましょう。
 
そもそも楽器店で買うよりAmazonの方が消耗品が安い事すらあります。
 
※例えばエリクサーの弦は店では1400円以上ですがamazonだと1267円です。
 
 
Amazonでの購入を癖付けておくと、年単位で見るととんでもない量の時間が浮きます。
 
写真
それこそ度々楽器店に行っていた人だったらamazon購入者になるだけで数日以上の時間を取り戻せるでしょう。
 
同様に「使っていた機材が壊れた、同じ物を買い直す!」というタイミングでもAmazonで良いですね。
 
良いと分かりきってる機材ならもう届けてもらう方がいいです。
 
その分練習や活動にあてていきましょう!
 

ギタリストなら本気の一本に絞れ!

ギタリスト
「本気で気になる機材があるなら迷わず買え!」に通ずる考えですが、より上に行きたい!という高い目標や意識があるなら「俺の人生はコイツと共にある!」と言えるギターを出来る限り早く入手しましょう。
 
高いなら分割(以下省略)
 
そして手に入れた本気のギターを軸にしたサウンドメイクをモノにしましょう。
その一本で出したい音を極めていく。
 
他のギターを買うのはその後でいいです。
他のギターを買うために本気の一本が買えないというのが最悪なのです。
 
色んなギターの音を知ることは確かに大切です。
ですがその為に多数のギターを買ったところで100%ホコリをかぶるだけの存在になります
素材
いうなればただの趣味程度、弾きもしないコレクションになるのがオチです。
 
色んなギターの音色を知りたいなら他のギタリストのギターを弾かせてもらったり、店で試奏させてもらいまくれば良いのです。
 
手元に色々置きたいなら音楽で食えるようになってからにしましょう。
 
それでも別のギターを買うなら明確に役割を分けられるものだけにしましょう。
 
見た目の問題ではなく、メインの太い音のレスポールに対するチャキチャキ系カッティング用のテレキャスみたいな。
 

まとめ

 
要は金と時間の内、上を目指すなら絶対に時間を重視しろということです。
 
掛かったお金なんて培った知識と技術で後から取り戻せばいいだけの話です。
 
逆に時間は後からお金を積んだところで帰ってきません。
 
 
より早く知識と経験、練習量を手に入れるためにお金を使う方にシフトしていきましょう!
 
 
ps.
「早さ」を意識する上でもう一つ重要なことを話しています。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です