BOSSのコンプレッサー CS-3のレビュー

cs-3 boss

 
どうも、タヌキです。
 
 
今回はBOSSのコンパクトエフェクター
CS-3 コンプレッサー/サスティナーを紹介します。
 
 
cs-3 boss
 
ざっくりレビューと僕のCS-3の使い方についてもお話ししますよ!
 

要点

 
・パキッとした、まさにコンプ!という音作りが得意
 
・それを活かして単音カッティングやクリーン寄りのソロサウンドに使う
 
・ガッツリ歪んだリードサウンドでの速弾きにも合う
 (音が纏まる)

簡単なツマミの説明

 
CS-3のツマミは4つです。
 
 
cs-3 boss
 
・LEVEL       音量を調整する
 
・TONE        音質を調整する
 
・ATTACK  コンプがかかり始めるまでの時間を調整する
 
・SUSTAIN  音の小さい部分もまとめて持ち上げる
      結果的にサスティン(余韻)が伸びる
 
 
 
今回は各ツマミを追い込むのではなく、僕の好きな設定を基準に紹介します。

前置き

 
実はコンプレッサーというエフェクターは
好き嫌いや設定値等が1人1人
激しく違うエフェクターなんです。
 
素材
 
なので人によって、コンプというエフェクトに対して言っている事はかなり違います。
 
 
「コンプはコンプ感が出ないようにうっすらかけるのが好き」
 
な人もいれば
 
「コンプはガッツリ掛ける!」
 
という人も居ます。
 
 
「なんとなく音が良くなるから掛けてる」人もいれば
「コンプはあんまり好きじゃない」人も居ます。
 
それを踏まえた上で僕の使い方を紹介します。
 
 

パキッとした音の方が得意

 
CS-3は自然なコンプ感、ナチュラル感のあるサウンドよりも
パキパキとした明らかにコンプがかかっているのが分かるサウンドの方が得意だと思っているので、それを活かした設定にしています。

 
cs-3 boss
パキらせるということでATTACKは早い方が良いかというと、
僕はそんなことはありませんでした(汗)
 
むしろATTACKをほぼマックスまで振り切った方が、僕の好みドンピシャになったのでこの設定にしています!

単音カッティングやクリーン寄りのソロに使う

 

パキパキの設定を生かす奏法として、僕は単音カッティングやクリーンサウンド寄りのソロフレーズを弾くときにCS-2を使います。
 
♪単音カッティング  1周目はコンプOFF 2周目はコンプON
 
 
ファンク系の単音カッティングではなく、今流行りの高速カッティングにCS-2がマッチします。
 
攻め攻めのカッティングサウンドが綺麗に聞こえるようになるんですね。
 
出来るだけ音の強弱のムラが無い方が良い高速カッティングではこの設定のコンプがオススメです。
 
 
 
 
♪クリーン寄りのソロサウンド 1周目はコンプOFF 2周目はコンプON
 
 
クリーンサウンド系のソロに対しこの設定のコンプを使うと、
音量の大小(ダイナミクス)がほぼ無くなる代わりに、強くピッキングした部分が強力に圧縮されコンプ特有の音になります
 
好みが分かれる所ですが、僕はこの音もかなり好みなので
こういう設定のコンプをかけてクリーンなソロを弾くときもあります。
 
ある種、音量調整の為のコンプではなく音色を調整する為のコンプとして使っている、と
言う方が表現的にしっくりきますね。
 

ガッツリ歪んだリードサウンドでの速弾きにも合う

 

素材
 
歪ませたリードサウンドに使うコンプは音量を整える(纏める)効果を期待して使います。
 
特にスピーディなフルピッキングやレガート、タッピングでは1音1音が明らかに整って聞こえるはずです。
 
♩歪み速弾き 1周目はコンプOFF 2周目はコンプON
 
 
僕の場合レコーディングやライブでは、より安定した良い音を聞いてもらう為にコンプをかけてソロを弾くことが多いです。
 

最後に

 
今回は僕ならどうCS-3を設定して使うかを説明しました。
 
 
とはいえ上述の通りコンプレッサーは
「使うのか?」「どう設定した音が好きか?」の
個人差がめっちゃ大きいです。
 
 
僕の場合はこの設定のCS-3を繋いでギターを弾いたら
自然にカッティング系の曲のアイデアがバンバン出てくるので愛用していますし、非常に助かっています。
 
 
 
是非あなたも自分の好みの音が出せるマイ設定を作ってコンプを追い込んでみてくださいね!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です