アルペジオってどんな奏法?【初心者向け】パート2

アイキャッチ

 

さて実際にアルペジオを弾いてみましょう。

※この記事は前回の記事の続きです!

 
前回と同じくCコードを使います。

 

Cのローコード

 

左手はキレイに音が出るように、しっかり指を立てておきましょう。

 

弾いてみよう!

 

まずは簡単なものから

Cのアルペジオ 1

 

Cアルペジオ  ←シンプルなアルペジオ、分かりやすい音なので色々なポップスに使われています。

ピッキングの順番(ダウンピッキングかアップピッキングか)は自分の弾きやすい方法でOKです!

↑実際に弾いている所。あえて毎回ピッキング方法を変えているので参考にどうぞ。

弾いてみよう!2

 

少し難しくなります

 

Cのアルペジオ 2

 

Cアルペジオ2  ←これもオーソドックスなパターン。これが弾ければ他のアルペジオフレーズの吸収も速くなります。

 

こちらもピッキングの順番は弾きやすい方法でOKです!

 

 

まとめ

 

 

始めのうちは難しいアルペジオですが、慣れてくれば手元を見なくても弾けるようになりますよ!

もう一度確認しておくと

 

出来るだけ滑らかに音を繋ごう!

コードは押さえっぱなしでOK!

ストロークよりも柔らかさや繊細さを前面に出せる!

 

といったところがアルペジオのまとめですね!

 

ギターは努力した分はキッチリ成果として出てくる楽器なので頑張って練習しましょう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です