オルタネイトピッキングのやり方 【初心者向け】

アイキャッチ

 

どうも、タヌキです。

 

今回はいわゆるピッキングの基本、オルタネイトピッキングについてお話しします。

大事な基礎の部分になりますので、練習しておきましょう!

 

オルタネイトピッキングって?

 

オルタネイトピッキングとは、弦の上から下へピッキングするダウンピッキング

オルタネイト1

 

オルタネイト2

 

そして弦の下から上へピッキングするアップピッキング

オルタネイト3

 

それを交互にダウン→アップ→ダウン→アップと繰り返すピッキングをオルタネイトピッキングと言います。

 

オルタネイトはこれから先覚えていく色々なテクニックの基礎となるテクニックです!
しっかり練習しておきましょう👍

弾いてみよう!

 

では、実際にオルタネイトピッキングを使って弾いてみましょう。

譜面1

🎵オルタネイトピッキング 練習1

 

どうでしょう。最初は難しいと思います。

 

イメージとしては、ダウンしたら今度はアップ、そしたらまたダウンで・・という、ダウンもアップもキッチリ意識して弾くというよりも、ダウンピッキングして元のダウン前の位置にピックを戻す。

その時に弦にピックが当たり、結果的にアップピッキングになった❗️というイメージで良いと思います。

意識しなくてもアップピッキングは鳴る状態を作るわけです。

 

それでは次のフレーズを弾いてみましょう❗️

難易度UP

譜面2

🎵オルタネイトピッキング 練習2

 

左手の動きが加わりました。そして常にオルタネイトになったので難易度が上がっています。

 

注意してほしいのは、押弦が7フレットから9フレットに変わる所ですね。
出来る限り音が滑らかに繋がるようにしましょう

参考音源のように弾ければOKです❗️

さらに難易度UP

 

最後はさらに難しくなります。

譜面3

🎵オルタネイトピッキング 練習3

 

5弦7フレット→5弦9フレット→4弦7フレット→4弦9フレットという順で、各音2音ずつ弾くというフレーズですね。

 

このフレーズでは、5弦だけでなく4弦にも移動することになります。

5弦から4弦、4弦から5弦への移動は落ち着いて、かつ滑らかにピッキングしましょう❗️

 

余弦ミュートも忘れずにね!

参考音源に近づけるように練習してみましょう。

まとめ

オルタネイトピッキングは色々なテクニックの基礎となるテクニックです。

 

その分、的確で丁寧なオルタネイトピッキングを身に付けているギタリストは人に”聴かせる”演奏が非常に上手いです。

 

速弾きをしても1つ1つの音を、しっかり聞こえさせられるんですね。

まずは的確なオルタネイトピッキングを身につけていきましょう❗️


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です