64からの刺客!?-ディディーコングレーシング-

アイキャッチ

 
 
どうも、タヌキです。
 
 
今回は日常の話という事でオススメ❓のゲームを1つ紹介しましょう。
 
これはすごく懐かしさを感じる人も居るのではないでしょうか。
 
 
 
というわけでニンテンドー64のレースゲーム、ディディーコングレーシングです❗️
 
 
ディディーコングレーシング
 
 
 
僕の家では小学生の頃に買ったニンテンドー64が絶賛稼動中なので、たまにこういうレトロゲーをやるわけですね。
(64ももうレトロか・・)
 
 
 
64本体
(↑64本体には小学校時代めちゃくちゃ好きだった漫画、Mr.フルスイングの主人公猿野くんのステッカーが貼られています。)
 
その流れで今回はディディーコングレーシングに白羽の矢が立ったわけですね!
 
 
 
 
いやあ・・・・神ゲーでした(棒読み)
 
 
ではゲームバランスの調整ミスってるとしか思えないこのゲームの魅力(ヤバさ)についてお話ししましょう❗️
 
 
 

逆転要素など女々しい

 
 
まず同時期に流行っていたマリオカートと比較して、一発逆転の要素やアイテムなど一切無いのが特徴的ですね。
 
 
対戦で序盤に最下位の8位になろうもんなら基本最後まで8位から抜け出せません。
 
 
 
 
 
というのもいわゆるお助けアイテムは5種類しかなく、それらは全て自分の至近距離にいる相手にしか効果が無いものなんですね。
 
 
マリオカートでいうならバナナ緑のコウラキノコ×1速度の上がらないスターのみ、という感じです。
 
 
 
 
自分以外の速度を落とすサンダーや1位に追尾する青のコウラのようなアイテムは無いので自らのドライビングを鍛え上げて上位をキープしなければ1位にはなれないのです!
 
 
仮に序盤で下位になったなら、究極のドライビングテクニックを駆使してもせいぜい3位になるくらいが限界でしょう。
 
 
 
 
アイテム運の良さで大逆転勝利するなどという甘い考えは許されないのです❗️
 
ホントに子供向けなのか・・?
 
 

ストーリー(アドベンチャー)モードが鬼畜難易度

 
ディディーコングレーシングにもいわゆるストーリーモードがあります。
 
 
 
ざっくり説明すると、色々なコースでレースし1位になる事で手に入るバルーン🎈を集めるというモードですね。
 
 
バルーン
 
 
問題はこのモード、中盤くらいからは大の大人が全身全霊で1コースに2時間近くかけてもクリア出来ないレベルの難易度になる事ですね・・。
 
 
 
 
どう考えてもメインターゲットの子供達がこの鬼畜難易度を攻略できるような領域に辿り着けるとは思えません。
 
 
当時僕の周りでこれを完全クリアした奴なんて1人も居ませんでしたしね💦
 
 
 

ストーリーモードを攻略しないと教えてもらえない高速走行法がある

 
狂うほどの激ムズのストーリーを進めていくとそれに応じてこの象がレースのコツを教えてくれるんですね。
 
  テクニック
 
 
このコツを知っているか知っていないかで天地の差がつくテクニックの一部を紹介しますよ!(誰得)
 
 
 

『知る』事すら難しいテクニックたち

 
まず1つ目のコツは
 
 
・直線ではAボタン(アクセル)を押しっぱなしではなく、連打した方が最高速度が上がる
 
 
 
さてこの事実をインターネットなど無い当時の子供達が知る事が出来たのかは謎ですね〜。
(僕は当然知りませんでした)
 
 
 
他にも
 
 
・ステージ中にある加速パネルはAボタン押しっぱなしで通過するよりも、加速パネル手前でAボタンから手を離してから通過した方が格段に速くなる
 
加速パネル2
 
加速パネル1
 
 
ちなみにストーリーモード中盤からはこれらのテクニックを完璧に駆使しないと全く勝てなくなります。
 
最下位
 
   ↑当たり前に8TH(最下位)になっている図
 
 
 
通常プレイで自力で気がつく事はまず無いテクニックでしょうね(白目)
 
 
まさに強者のみが生き残る修羅の世界というべきでしょうか・・❗️
 
 
 
 

最後に

 
 
さてディディーコングレーシング如何でしたでしょうか。
 
 
 
皆さんもこの情け容赦無し、強い者のみが勝利するゲームをしてみませんか⁉️
 
 
そしてガチレーサーとなって僕と勝負しましょう❗️😃
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに僕は弟と協力し、約100時間近くかけて完全クリアしました。
ありがとう弟よ❗️
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です